小型家電リサイクル法とは

RECYCLING LAW

小型家電リサイクル法の取組

法の背景

資源に関する成約

・新興国に生産拠点、生産量が増え、レアメタルなどの需要は増大。それに伴って資源価格が高騰している

・レアメタルなどの資源を保有する国が偏ってきている

・自動車やIT等の市場が、少数の大企業により産業を支配しながら互いに競争し合っている

環境に関する成約

○廃棄物の最終処分場の建設が減少し、埋め立てる施設が無くなる恐れが出てきた

○企業活動による環境への負荷を削減するため、企業が自主的に環境保全を行うようになった

使用済み小型電子機器等に含まれるアルミ・貴金属・レアメタルなどがリサイクルされずに埋め立てられていることへの対応が急務

2016年2月 小型家電リサイクル法における認定事業者取得(認定番号 第48号)

小型家電回収方法
DSC_0154.jpg

ピックアップ方式・ステーション方式

⑯ボックス回収.jpg

ボックス回収

前処理・破砕・選別工程
DSC_0166_980.jpg

電池等をチェック

203.jpg

破砕・選別

回収物の一例

425.jpg

基板

基板・電子部品

470.jpg

鉄鋼製品